>
入江塾算数 過去問
>
2016年の問題

2016年の問題

クリックすると各問題へジャンプします。

 

洛星中学校(2016年前期)…大問5(速さ)

毎年出題される速さの問題で難易度は例年並みです。

(3)が解けるかが全問正解の鍵となります。

 

洛南高等学校附属中学校(2016年)…大問8(立体図形)

昨年出題された立体を使用した問題が出されました。過去問は大切です。

洛南の立体図形は毎年難易度が高いです。

立体同士の重なりはまずどのような形になるかを想像しなければなりませんが、それがなかなか難しいです。

 

高槻中学校(2016年前期)…大問4(時計算)

解き方は典型的な和差算、時計算なのですが、見慣れないグラフに受験生は戸惑ったと思われます。

アナログ時計の特徴を思い浮かべながらグラフを読み解ければ、計算は少なくスムーズに解けます。

 

同志社中学校(2016年)…大問7(速さ)

数年おきに出題されている峠の問題が出題されました。

解き方は過去問と同様なのでしっかり対策していれば得点できる内容です。

 

甲陽学院中学校(2016年)…大問4(平面図形)

図形と比の問題です。

(1)、(2)は三角形の面積比の典型的な問題です。

(3)は補助線を引くセンスを問われます。

 

東大寺学園中学校(2016年)…大問2(場合の数)
規則に従って数字を並べる問題です。
(1)、(2)がそれぞれ次の問題へのヒントになっています。
(3)は樹形図をかくと解きやすいですが、全部をかくのではなく
わかっている部分をできるだけ省略するとあまり手間をかけずに済みます。
 

西大和学園中学校(2016年)…大問2(3)(4) (平面図形)
大問2は平面図形の小問が4つ出題されましたが、それぞれが難しめの問題です。
ここではその中の2問を取り上げます。
こうした問題に対応できるように、普段からしっかり図形の練習をしておく必要があります。
 

立命館中学校(2016年後期)…大問4(食塩水)
容器を3つ使って食塩水や水の移動を何度も行うので、図などにして情報を整理することが必要です。
全問正解するには各容器の中身の増減を最後まで正確に把握していかなければなりません。

 

東山中学校(2016年前期B)…大問6(数と計算)
問題文に従って数を足していく作業をするのですが、そのこと自体は難しくありません。
足していった結果、どのような数が残るのかを考えることが大切です。

 

同志社女子中学校(2016年前期)…大問6(立体の体積・表面積)
なるべく計算が少なくなるように考えましょう。
柱体であれば体積は「底面積×高さ」で求められ、展開図は底面2つと側面の長方形に分けられます。

 

同志社香里中学校(2016年)…大問2(比に関する文章題)
金貨、銀貨、銅貨が出てきます。硬貨の価値を比で表し、その数を使って金額を計算し、枚数を求めます。
まずは逆比と連比がきちんとできるかが問われます。

 

花園中学校(2016年選択入試)…大問4(文章題)
過不足算およびつるかめ算です。
(1)から落ち着いて順番に解いていきましょう。

 

今年の入試「この一題」トップへ

 

入江塾トップページへ