幼児コース

小学受験のために幼児教育があるのではない。

 

本来必要だから存在する本物の早期教育専門塾!

 

※1歳児さん

 指先トレーニング

 

 

 

幼児コース対象学年: 1歳児~年長
授業内容 (年間44回各50分授業 ※1~2才児は40分授業)
 

「知能は遺伝するか」という問いは昔から存在します。

早期教育の存在理由を強調するあまりこれを否定する考え方もありましたが、今ではある程度認められております。

知能研究所の創始者・故肥田正次郎氏の指摘した知能因子(※)による「頭脳適性」もそれに沿った考え方です。

例えば裁判官という職業はある程度時間をかけて論理的に思考するタイプの人が向いているでしょうが、手術を手がける医師のような救命に携わる立場では即決即断の正確さを要求されるでしょう。

 

そこで当教室は大きく2つのタイプの頭脳育成を念頭においてコースを設定しました。

 

※知能とは1つの能力でなく、いろいろな能力の総合であるという考え方をした心理学者スピアマンによって導入された知能論の概念で、その後いろいろな学者によって多様な因子論が展開された。

 

1) 理数プラスコース

知能研究所理事長の市川亜夫氏は「算数の複雑な計算などはコンピューターにまかせ、人間の脳は創造的思考に使われるべきだ」との正論を主張されます。

確かに機械化、情報化の進む社会の中では、より深い創造的・理性的思考のできる人間が求められております。

このような脳力を育てるためのカリキュラムがこのコースには設定されております。

1クラス最大6名までの少人数制

 

 

2) 理数コース

最近の中学入試では大学合格実績をあげている難関校ほどスピードが必要になってきている傾向があります。

「むしろ、見た瞬間にパパッとすばやく反応する頭の働きが必要なのです。」(スピードアップ算数 栗田哲也著 文一総合出版)

これは小さい頃からの訓練によってイメージ脳ができあがっていなければ至難の技です。

このような傾向の知能因子を持っているお子様には効果絶大です。

ヌマーカステンやドット棒などを使って数能力を育成します。
また、積木や図形パズルなどを使って空間把握能力を高めます。

1クラス最大6名までの少人数制

 

 

下の画像はマナ英才学院で用いている教材の一部です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ