>
>
今年の入試「この一題」(算数)

今年の入試「この一題」(算数)

今年の算数の入試問題から一題選び、解説をしています。

 

洛星中学校(2017年前期)…大問6(数と計算)

設問の図形を変形させることにより考えやすくなります。
一つの解法で最後まで解けますが、途中に誘導になるような小問が入っていて、
途中でその解法に気付かせるような配慮がされているようです。

 

高槻中学校(2017年A日程) …大問5(平面図形)

(1)から順に解いていく形になります。
細かい部分に分かれていますが、実際に求めるべき部分はどこなのかをよく考えましょう。

 

洛南高等学校附属中学校(2017年)…大問6(数と計算)
ある線分を2等分、3等分、4等分…としていく数直線の問題です。
既約分数とそれを倍分した分数とが重複するので、既約分数だけを残していきます。
 

同志社中学校(2017年)…大問5(平面図形)
折り返しの問題です。
面積比を考えながら解いていきます。

 

東山中学校(2017年前期)…大問5(集合算)
3種類の項目の集合で、また、条件不足で人数がはっきりとわかりません。
答えを出すためには、求めるべきものを正確に捉える必要があります。

 

立命館中学校(2017年前期)…大問4(割合・比の文章題)
情報量が多く、状況が複雑なためにわかりやすく整理する必要があります。
それができれば、あとは落ち着いて計算するだけです。
 

東大寺学園中学校(2017年)…大問2(数と計算)
ある数に決まった操作を行っていく問題です。
全てを検討すると手間がかかりますので、できるところは省略して考えていくことが重要です。

 

西大和学園中学校(2017年)…大問3(比の文章題)
複数の歯車がかみ合っている問題です。
全ての歯車の回転数の比を求めておくと以下の計算量を減らすことができます。
 

甲陽学院中学校(2017年)…大問3(速さ)
王道的なタイプの速さの問題で、状況図やダイヤグラムを描いて考えます。
描いた図からしっかり情報を読み取れるように日頃から練習しておきましょう。

 

同志社女子中学校(2017年前期)…大問5(立体の体積・表面積)
昨年同様、柱体の体積・表面積の出題です。
計算しやすいように図形を分けて考えましょう。

 

立命館守山中学校(2017年前期)…大問5(当選確実)
選挙で確実に当選するには何票取ればよいかを考えます。
開票途中の状況も出題されていて、難易度は高めです。
誰が自分の当落に関係しているのか、考えると疑問が次々と
わいてくるような複雑な側面があります。

 

立命館宇治中学校(2017年前期)…大問6(容器と水量)
直方体を水の中に入れる問題です。
2通りの入れ方をそのまま見比べてもわかりにくいです。
そこで断面図を描き、面積図としてそれを活用します。 

 

昨年の問題はこちらをクリックしてご覧下さい。