>
>
トピックス

入江塾 トピックス

 
 
●入江塾 新小学6年生 保護者会(2017年)
1月21日(土曜) 新小6保護者会が行われました。
卒塾生(現小6)の保護者の方が、中学受験の体験談をお話し下さいました。
 
 
●2016年度 入江塾説明会(2016.1.17) 
 たくさんの方にお越し頂きました。ありがとうございました!
 
 
 
 
■プラス学習で向上心■ 現小6 Aくん

六年生の第一回の駸々堂から今回の第五回まで、僕の偏差値は十四上がっています。この塾だからこそこれだけ上げられたんだと思います。
僕は六年生になってから日曜日・金曜日以外すべての日に通塾させてもらいました。でも僕は塾に行くのが楽しかったです。その理由は、まず分からない所や問題を的確に教えてくれることです。次に、僕が先生の言っていることが理解できず「え?え?」と戸惑っても絶対怒らずにていねいに理解するまで教えてくれたことです。さらに、自主性に任せられているところです。僕は宿題を家で終わらせて(宿題は普通塾でやるのかな…?)塾では別のプリントをたくさんもらっていました。なぜかというと僕は「ここが差のつくところだ」と思ったからです。「宿題はみんなするけど、それからどれだけプラスをして勉強に取り組むかが重要だ」と思うからです。そうしていくうちに、分からない問題も解けるようになり、勉強がどんどん楽しくなっていきました。
僕の成績が前よりましになったのは楽しく塾に通うことができたからです。でもまだ志望校の確実圏には届いていないので、もっともっと問題に取り組み勉強が大好きになれたらいいと思います。
 

 

 
 

楽しかった夏期講習  Aくん

 僕は、4年生の夏から今まで入江塾に通っていますが、今年の夏期講習はこれまでの夏の中で一番充実していました。駸々堂模試では5年生の時よりも偏差値も上がったし、塾では友達と勉強したり、休けい時間に遊んだり、おやつを食べたりするのもとても楽しかったです。夏期講習のあいだ塾は毎日行きましたが、演習の時間には分らなかった所があったら先生は分りやすく教えてくれます。だから毎日塾に行っても苦になりませんでした。

 2年前の4年生の夏、初めて入江塾に通うことになった時は、「受験って先生たちに怒られて、親にも勉強しなさいなどと厳しく言われながらする、つらくしんどいものだ」と思っていました。でも2年たち、そのイメージとはちがって、苦しいものではないと思えるようになりました。

 

安心して勉強に取り組んでいます  Bくんのお母さま

 ポイントに的をしぼったプリントに集中して取り組めばいいのだな、と気付いたようで、学ぶことを以前より楽しめているようです。授業、演習、個人それぞれの時間に先生のサポートを受けられることで、本人も安心して勉強に取り組んでいます。自分の苦手なところ、反省すべき点を先生からくりかえしご指摘いただき、かえって喜んでいるほどです。

 また、「結果」を意識するようになり、できた問題もできなかった問題も、「理由」を考えるようになりました。

 

最後まで、親子ともども楽しみたい   Cくんのお母さま

 入江先生から子どもたちに「この1年楽しむように」と言っていただいたそうで、息子は印象に残っているようです。

 真剣に一生懸命頑張るけれど、楽しむ。・・・そうは言っても、親子で一喜一憂する日もあります。6年生になってからも何度もお電話でお話させて頂き、気持ちを軽く向かうことが出来ております。今後も前向きに考えられるよう、先生方のお知恵を頂けたら心強いです。そして、最後まで親子共々楽しめたら、と考えております。

 

 

 

入江塾独自の 演習
 ①自分で学習する力が付く。
 ②わからないところは教えてもらえる。
 ③宿題が終われば、自分に合わせた課題が与えられる。
これら全てのメリットを兼ね備えています。時間の使い方はいろいろですが、有効に活用しましょう。
 

 

 

2015年 2月

多くの合格体験記が寄せられています。
<こちら> 是非ご覧下さい。