>
>
>
入江塾合格体験記 四天王寺中

四天王寺中学校 合格体験記

 

 

2018年度の合格体験記はこちらです

 

 

2015年度

●Aさん…四天王寺(医志コース)・京都女子(Ⅲ類)・立命館(アドバンスト)・土佐塾 合格
私が入江塾に入塾したのは5年生の4月です。初めは授業を集中して聞いて、宿題をきっちりすることに専念して受験勉強がスタートしました。入江塾の先生方の授業は面白く、また大変分かりやすく、知らないことや分からないことが分かっていくので、塾に行くのがすごく楽しかったです。6年になって北野教室に行くようになって通塾回数も増え、授業の内容も難しくなってきました。でも親身に教えてくださる先生方や、志望校合格という同じ目標を持つ友達のおかげで塾に行くのが辛いとは思いませんでした。6年生になってからは特に授業を集中して聞くこと、宿題や自分の苦手教科や苦手分野をきっちりやること、テストや模試の間違いを繰り返し解き直すことなどを心がけました。難関校対策、志望校対策、算数の個別授業は難しいものでしたが、とても役に立ちました。講習期間中は朝から夕方まで塾で授業や演習でしたが、休憩時間は近くの公園に連れて行って下さり、それが気分転換になり後半の時間も集中することができました。
秋になって志望校を決定する時も一緒に考えて下さり、受験当日は応援にも来て下さり先生方のメッセージの寄せ書きや応援グッズをいただき落ち着いて入試に臨むことができました。受験する全ての学校にお守りとして持って行きました。
受験勉強は厳しく辛いこともありましたが、家族や塾の先生方の支えや励まし、同じ目標を持つ友達と一緒に頑張ることで、志望校に合格することができ本当に感謝しています。本当にありがとうございました。

 

●Aさんのお母さん
入江塾に入塾致しましたのは5年生の4月です。長男がお世話になり、入江塾の教育方針や、先生方は一人ひとりの生徒を温かく根気よくご指導くださることを十分に知っておりましたので、迷うことなく入塾させていただきました。
入塾当初は分からないことや知らないことも多くあったようですが、授業がとても丁寧で分かりやすく、分からないこと知らないことの穴が埋まっていきそれが点となり、点と点が線としてつながっていく感覚で、塾に通うことをとても楽しんでおりました。あまりにもマイペースな勉強ぶりに「大丈夫かしら?」と思うこともありましたが、塾から帰る車内では「今日は○○を習ったよ」「○○の単元、よく分からなかったけれど今日の授業を聞いていて、そういうことやったのかって分かった!」「○○ちゃんと○○の話で盛り上がった!」と勉強の話から友達の話まで喋り続ける娘の言葉から充実した受験生活を窺い知ることができ、話を聞くのが楽しみであり日課となりました。
6年生からは北野教室に通塾するようになり、授業内容も一層難しくなり、志望校を意識した対策授業を受けることで具体的に志望校を考えるようになっていきました。6年生になってからも相変わらずのマイペースぶりでしたが、先生方の叱咤激励のお蔭様もあり途中の中だるみや「受験勉強が辛い、やめたい」ということもありませんでした。統一日前日にはホワイトボードに寄せ書きをし、記念撮影をしましたことで緊張もほぐれました。受験当日には先生が応援に来てくださり、激励のお言葉をいただき、また先生方からの温かいお言葉がぎっしりと書かれたメッセージカードと応援グッズ・・・どれほど落ち着き、心強く感じ励まされたことでしょう。何度も読み返し、翌日もそして翌々日の入試にもお守りとして持ってまいらせていただきました。
今こうして書かせていただきながら振り返ってみますと、一人ひとりの子供の可能性を信じ、常に寄り添い、その可能性を最大限に引き出して下さいます温かく丁寧な入江塾の先生方のご指導や支えと、志望校合格に向かって共に頑張ってきました友達の存在や応援のお蔭様です。
2人の子供が入江塾と入江塾の先生方に教えていただきましたことは、勉強の知識だけでなく、同じ目標を持って頑張ってきた友達の合格を心から願い、また合格を心から喜ぶことのできる心の成長や、与えられたことをこなすのではなく自分で取り組む勉強の姿勢など、これから中学・高校へと進んでいくうえで大切なことばかりです。広く寛大なお心で子供のことを1番に考え導いて下さいます入江先生、とても温かく楽しく叱咤激励し、見守って下さいますS先生 Y先生、個人指導でも熱心にご指導いただき受験当日も応援に駆けつけて温かいお言葉を下さいましたK先生、そしていつも丁寧に根気よくご指導下さいました入江塾の全ての先生方に心より感謝申し上げます。本当に有難うございました。

 

このページの先頭に戻る

2018年度の合格体験記はこちらです