>
>
>
入江塾合格体験記 立命館守山中

立命館守山中学校 合格体験記

 

 

2018年度の合格体験記はこちらです

 

 

2017年度

●Aくん…立命館守山(フロンティアサイエンス)・東山(エース)・龍谷大学付属平安(特進ベーシック) 合格
マナ英才学院で1年間、入江塾では3年間と、長い間先生方にお世話になりました。
2つ上のお兄ちゃんが入江塾に通っていたこともあって、中学受験というより対抗心で塾に通いました。
6年生の夏休み前までぼくはいいかげんで宿題をしなかったり、かばんの整理が出来なかったり、先生に大きな口をたたいたり、S先生・Y先生そして個人指導のK先生・U先生に迷惑ばかりかけていました。
行きたいなあと思う学校はぼんやりと5年生の頃からあったけど、まだ本気で勉強をしていませんでした。
一度K先生に本気で怒られた時です。以前K先生の個人指導を受けていたお兄ちゃんが「あのK先生を怒らせるなんて、お前はよっぽどあかんことをしたんやな」とお母さん共に言われ、ものすごく反省しました。それから心を入れ替え、塾に毎日お弁当持ちで行き、真剣に勉強に取り組みました。
過去問も合格点を取れるようになり、ますます塾で頑張りました。合格発表はお母さん・お兄ちゃんと見に行き、まさかのフロンティアサイエンスコースでの合格だったので、とてもうれしかったです。毎日送り迎えしてくれたおじいちゃん・お母さん、お弁当を作ってくれたおばあちゃん、最後まで見捨てず教えてくれたS先生・Y先生・K先生・U先生、本当にありがとうございました。この先も頑張り続けます。

 

●Aくんのお母さん
育星舎に入ったのは3年生になった頃、2つ上の兄が入江塾で勉強しているのを見ていて「ぼくも入江塾に入りたい」と言い、先生に相談させてもらったのを覚えています。
まだ3年生では入江塾は入れないので「マナ英才学院」からでした。そのまま3年生の2月に入江塾に兄に続いて通い始めました。まだ受験したいのかしないのかわからない状態でした。この頃は兄が受験時期に突入していたので、入江塾で兄の中学受験の一部始終を間近で見ていて何か感じるものがあったようです。
5年生になっても宿題はごまかす・失くす、カバンの中身はグシャグシャ・駸々堂模試は見たこともない低い偏差値、自分のやるべきことが出来ていない状態でした。受験するのかしないのか言い合いも多かった時期です。そんな頃に行った私学フェアーで知った、理科の勉強に力を入れている立命館守山中学に一番興味を持ち始めました。
6年生に入ってから、兄も指導して頂いたK先生に算数、マナの時代からのU先生に国語の個人指導をしてもらいました。しかし個人授業の宿題はいい加減で、K先生・U先生に当たり前ですがめちゃくちゃ怒られていました。反抗期に入り話も聞かなくなり、S先生Y先生に面談をして頂き受験を止めて地元の公立中学に行くか相談に行ったほどです。(この時のK先生が本気で怒って下さったのが効きました。)
これが夏休み前の出来事で、それからは心を入れ替えたようで、先生の助言も頂き演習を毎日 前・後半お弁当持ちで行き(家では喧嘩になるので)勉強の調子も冬休み講習、受験日まで追い込みで上がっていきました。兄の時から、塾も先生も信頼しおまかせしていましたので、私たち家族は最後まで見守ることができました。
合格発表の日は私と兄と本人で見に行きました。合格はまさかの上のコースでした。兄と本人が飛び上がって喜んでいました。
祖父の送迎、祖母のお弁当、気を紛らわしてくれた兄、根気よく勉強と人間性を育てて下さった塾の先生方、たくさんの人に支えられてここまでやって来られました。私たち親子を成長させて頂きありがとうございました。

 

 このページの先頭に戻る

 

 


 

2012年度

立命館守山中学校合格 Aさん(百万遍より通塾)
私は冬休みまで志望校が決まらず、なかなか真剣に受験勉強に取り組むことができませんでした。しかし、立命館守山中学という目標を見つけ、短期間でしたけど本気で勉強に取り組むことができました。入江塾の先生方、ご指導いただきありがとうございました。

 

立命館守山中学校合格 Aさんのお母さん
この度、第一志望であった立命館守山中学校に合格することができました。娘が理科好きで、この学校なら理科の勉強がたくさんできるということで本人が納得して選びました。入江塾北野教室及び出町教室の先生方、いろいろご指導いただきありがとうございました。
本人が「どこかを受験したい」と希望したため、5年生から入江塾でお世話になりました。「科学の学校でお世話になっていた」こと、また「姉がかつて育星舎でお世話になり、その時から入江先生をはじめとする先生方が保護者の意向を聞き、尊重してくださっていた」こともあり、安心して入江塾にお任せしようと思いました。しかし、本人の希望する学校は特になく、まず志望校選びで迷いました。小学校では比較的活発で言いたいことも言えるようなタイプだと思っていたので、家族が一致して「共学校が合っているだろう」と思っていました。ところが塾での人間関係につまづき、また成長に伴う低血圧のために身体のだるさ、胃腸痛、「朝起きるのがつらい」という症状が出ることがあり、そこに反抗期も加わって、一時は塾も受験もあきらめようかとまで考えました。それ以前にも「塾に行きたくない」ということがたびたびありましたので、もっと早くにじっくり話を聞くべきだったと反省しています。本人と話し合い、先生方とも相談し、特別カリキュラムを受けることになりました。
志望校は、もしかしたらおとなしい感じの女子校のほうが向いているかもしれないと考え、一から志望校を考え直しました。最終的には年末になってからようやく志望校が決まり、急いで娘と学校に見学に行き、そのうえで受験を決意し、駆け込みで願書を提出しました。第二希望の学校はプレテストを2回受けていたので、落ち着いて試験に取り組めたようです。
先生方、娘のペースに合わせて見守ってくださり、心よりお礼申し上げます。


このページの先頭に戻る

2018年度の合格体験記はこちらです